新型コロナ12日(水)上越市6人、妙高市1人、県内全体は129

新潟県は12日(水)、新たに上越市で6人、妙高市で1人の新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表しました。きょうは、県内全体で129人(新潟市88人)の感染が確認されています。

また県はコロナ患者の検体について、県保健環境科学研究所でゲノム解析を行ったところ、24件中、オミクロン株が23件確認されたと発表しました。

【上越市】
■ 10代女性(県内8734例目)
県内感染者の濃厚接触者

■生徒10代男子(県内8735例目)
県内感染者の濃厚接触者

■福祉施設職員 30代女性(県内8738例目)
県内感染者の濃厚接触者

■10代男性(県内8756例目)
県内感染者の濃厚接触者

■会社役員30代男性(県内8757例目)
県内感染者の濃厚接触者

■10代女性(県内8775例目)
感染経路不明

【妙高市】
■会社員40代女性 (県内8849例目)
県外感染者の濃厚接触者、県外移動歴あり

こうした中、県教育庁は12日、直江津中等教育学校の男子生徒10代が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表しました。直江津中等教育学校では、すでに行動歴などの調査は終了しており、保健所より学校内で感染拡大はないと判断されたため、臨時休校は行わないということです。


感染者累計(1月12日現在)
■上越市 330人
■妙高市  61人
(上越保健所管内 非公表2人)

記事参照元:上越妙高タウン情報

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − thirteen =