四・九の市で「朝市お弁当まつり」4日(土)に開催!

上越市大町4丁目で開催される「四・九の市」で4日(土)、上越のお弁当や駅弁を一堂に集めた「朝市お弁当まつり」が開催されます。 上越市の朝市は100年以上の歴史がある露天市場です。今年は朝市会場で、パンやスイーツなどを集め

続きを読む

汽笛を合図に生放送 あの頃青春グラフィティ、中川市長も出演 直江津D51レールパーク

全国のコミュニティFMの人気音楽番組「あの頃青春グラフィティ」の公開生放送が27日午後、上越市東町のえちごトキめき鉄道「直江津D51レールパーク」で開かれた。上越地域では6月の「道の駅あらい」以来5カ月ぶり。通算17回目

続きを読む

74年の歴史に幕 直小に統合 上越市立古城小閉校式

伝統胸に新たな歩み 思い出振り返り記念碑除幕 上越市立古城小(保坂修校長、児童21人)は来年春に同市立直江津小に編入統合する。21日に閉校記念式典を行い、学校の歴史を振り返り、閉校記念碑の除幕を行った。 おそろいのTシャ

続きを読む

「あしたのジョーエツカレンダー」抽選で300人に無料配布 上越市の日鉄工材

新潟県上越市川原町の日鉄工材(宮原光雄社長)は、同市在住のイラストレーター、ひぐちキミヨさんのイラストを掲載した2022年用のオリジナルカレンダー「あしたのジョーエツカレンダー」を作成した。抽選で300人に無料配布する。

続きを読む

南海の「楽園」守った思い 故郷に上越に帰郷の吉田さん 「自然塾」開く

西太平洋に浮かぶ360度をサンゴ礁に囲まれた「ジープ島」。新潟県上越市高田地区出身の吉田宏司さん(65)が開拓し、「楽園」として広く知られるようになった。吉田さんは40歳のとき、南海の孤島に単身移住。島の保全に力を尽くし

続きを読む

上越市本町にコワーキングスペース「高田町家こめつぶ」プレオープン

上越市本町2丁目の空き家となっていた町家にビジネスマンなどがオフィスを共有するコワーキングスペースがきょう14日、プレオープンしました。このスペースはビジネスマン向け以外にも地域住民も利用することが可能です。 プレオープ

続きを読む

妊娠期の女性を支えたい 苦労経験した女性たちが団体「ふぁみりり」設立

妊娠中から出産前後までの女性やその家族を支援しようと、妊娠期に苦労した経験のある新潟県上越市の女性たちが任意団体「ふぁみりり」を立ち上げた。SNSでの産前サービスなどの情報発信やイベント開催から始め、将来的にはヘルパーな

続きを読む

〈動画あり〉癒やしの庭園が完成 寺触れるきっかけに 上越市寺町2の善導寺 築山、滝など新たに

上越市寺町2の善導寺に、回遊式庭園「癒石庭園」が完成し6日、関係者による落慶式が行われた。  庭園は境内の竹林を改修して整備。信徒の個人が寄贈し、造園作業を同市戸野目の英香園(伊藤えり子代表)が担当した。竹林になる以前は

続きを読む

「高田市商売繁栄双六」発見 昭和9年の実在店舗掲載 実際に展示、試遊も  上越市本町商店街

約80年前の上越市高田の商店などが掲載されているすごろく「高田市商売繁栄双六」が見つかった。7日から9日まで同市の本町商店街で開かれる「百年老舗まつり」の中で展示され、試遊もできる。 高田市商売繁栄双六は駒が進むマス一つ

続きを読む

食欲の秋!上越の“おいしい”を投稿しよう「#上越もよう」グルメキャンペーン

上越市のイチオシグルメをインスタグラムに投稿すると抽選でメイド・イン上越のスイーツ詰め合わせがあたるキャンペーンが始まっています。 「#上越もよう」は去年の4月から運用を開始した、上越市オリジナルのハッシュタグで、市民や

続きを読む