新型コロナ 上越市が60歳以上や基礎疾患がある人を対象に4回目接種 6月22日から開始

新潟県上越市は2022年5月30日、新型コロナウイルス感染症の重症化予防を目的とした4回目のワクチン接種の実施を発表した。対象は60歳以上と、国が示した重症化リスクの高い基礎疾患などがある18〜59歳で、3回目接種から5か月を経過した人。6月22日から順次開始する。

国が定めた接種期間は9月30日まで。今回対象になるのは4月末日までに3回目接種を終えた60歳以上の7万2000人と、18〜59歳で慢性の心臓病などの基礎疾患を有する1万400人、精神障害者保健福祉手帳や療育手帳を所持している7700人、BMI30以上の肥満の人5000人の計9万5100人。

接種方法は、介護保険、障害福祉施設の入所者は「施設集団接種」、基礎疾患を有する人はかかりつけ医などの医療機関で行う「個別接種」、60歳以上は「個別接種」または市が指定した日時に公共施設などを会場に実施する「集団接種」のいずれかとなる。

施設集団接種は武田・モデルナ社製で6月22日から、個別接種はファイザー社製で7月1日から、集団接種は武田・モデルナ社製で7月30日から行われる予定。

対象となる60歳以上のうち、1962年7月生まれまでの人には6月20日に接種券付き予診票を発送する。同年8月生まれ以降の人には誕生月の前の月に接種券を随時発送する。

基礎疾患を有する人は、市へ接種券発行申請書の提出が必要となる。申請は6月6日から、市役所木田第一庁舎2階の新型コロナウイルスワクチン接種事務局、または各総合事務所、南・北出張所で受け付ける。申請書は市ホームページからダウンロードできるほか、各受け付け窓口で配布する。また、各手帳を所持している人など定期的に通院していない場合がある人に関しては、申請書を同封した個別通知を6月3日に送付する。

個別接種希望者は予約システムや医療機関へ電話するなど予約が必要で、6月24日午前9時から受け付けを開始する。60歳以上で集団接種を希望する人は手続きが不要で、日時、会場を割り振った案内が郵送される。接種を希望しない人や個別接種を希望する人は予約システムやコールセンターで手続きが必要となる。

記事参照元:上越タウンジャーナル

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − 10 =