大人も子どもと一緒に挑戦!「第2回大人のプログラミングコンテスト」参加者募集

越妙高地域にお住まいの方を対象にした「大人のプログラミングコンテスト」が11月3日(木・祝)に開催されます。

プログラミングコンテスト

このコンテストは、子どもだけでなく、大人にもプログラミングへの意識を高めてもらおうとNPO上越地域活性化機構が企画しました。コンテストでは、CHaser(チェイサー)という対戦型プラットフォーム上で、1対1のプログラム同士の対決をします。CHaserはクライアントとサーバーの2つのプログラムから構成され、参加者はクライアント側のプログラムを開発します。

上越地域においても、自治体や企業でDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進もうとしている中、継続的なIT人材の育成「地産地消」が重要な課題になっています。

今年も昨年度に引き続き、16歳以下を対象としたU-16プログラミングコンテストの開催が決まり、すでに事前講習会が行われています。大人部門も昨年度同様に開催され、大人も子どもと一緒になってプログラミングが楽しめる機会になっています。大人の部優勝者は子供の部(U-16)優勝者との対決も予定されています。

関連記事
⇒ 講習を受けてプログラミング大会に出よう!参加者募集中

対象は上越市、妙高市、および近郊在住の30歳以下の方です。オーバーエイジの参加も大歓迎です。参加費は無料で、参加賞が用意されています。申込締切は10月21日(金)です。また、初めて大会に参加する方向けにCHaserプラットフォームの説明会が9月に実施されます。こちらの申込み締切は8月31日(水)です。いずれも申込みは公式サイトからできます。

第2回 大人のプログラミングコンテスト
■開催日:11月3日(木・祝)
■会場:JM-DAWN 上越妙高駅西口 エンジョイプラザ2F
■対象:上越市・妙高市、近郊在住の30歳以下の方(オーバーエイジも大歓迎)
■参加費:無料
■持ち物:Windowsが動作可能なノートPC
■申込み:大人のプログラミングコンテスト 公式サイト より申込み
■締切:10月21日(金)まで
■問合せ:NPO法人上越地域活性化機構 TEL025-521-2977 または Email office@oraja.jp

記事参照元:上越妙高タウン情報

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen + eighteen =