恐喝して現金16万円脅し取り暴行加えた疑い 住所不定24歳男を逮捕

上越警察署は11日(火)、恐喝、強要、傷害の容疑で住所不定の建設作業員24歳の男を逮捕しました。

警察によりますと、男は今年3月15日、上越市内のパチンコ店近くの屋外で、面識のない20代男性に対して因縁をつけ、拳をあごに押し当てるなど暴行を加え「50万円でどうだ」と金を要求。その後、男性が用意した現金16万円を脅し取ったうえ、土下座をさせ、金属製のスノーポールで男性の脇腹を1回叩きつけ、左肋骨不全骨折の傷害を負わせた疑いです。

男は「やっていない」と容疑を否認しているということです。

なお、この男は今年3月21日に傷害の容疑で現行犯逮捕されています。

記事参照元:上越妙高タウン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen + 9 =