上越医療圏再編の住民説明会9月14日 新潟労災の閉院方針など

上越医療圏の医療再編に関する市民説明会が2023年9月14日、新潟県上越市中央1のレインボーセンターで開かれる。医師不足を背景に新潟労災病院の閉院方針が示された6月の医療構想調整会議の内容について、県や同病院が住民に直接説明する。定員は先着80人で、申し込みを受け付けている。

新潟労災病院は、医師不足により稼働病床数が4年で半減するなど機能低下が著しく、対応が検討されてきた。6月21日に開かれた県や上越地域の市、医療関係者による上越地域医療構想調整会議で、新潟労災の医療機能を県立中央病院など市内5病院を中心に移管し、新潟労災は閉院する方針が合意された。

説明会は県と上越市の共催で開かれ、これから必要とされる地域医療や上越医療圏における医療の短期再編と中期再編について説明される。

時間は午後6時30分から同7時30分まで。上越市民であれば誰でも参加できる。申し込みは、メールか電話で上越市地域医療推進課(メール:chiikiiryou@city.joetsu.lg.jp、電話025-520-5699)か上越保健所(メール:ngt111930@pref.niigata.lg.jp、電話:025-524-6148)に氏名、居住地区、緊急連絡先を伝えて申し込む。締め切りは13日正午だが、定員に達し次第締め切る。

記事参照元:上越タウンジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × two =