上越市吉川区の山中で白骨化した2人の遺体 山菜採りで行方不明の女性か

上越警察署によると2023年12月14日午前9時30分頃、新潟県上越市吉川区川谷の山中で、林道から転落した軽乗用車とほぼ白骨化した2人の遺体が発見された。車は今年の4月に山菜採りに出かけたまま行方不明となっていた同市の女性2人が乗っていたとみられる車と一致したことから、遺体はこの女性2人とみて同署が身元などを捜査している。

車と遺体が見つかったのは、川谷簡易郵便局から南に約500mの林道を80mほど外れた地点。13日に狩猟をしていた男性が車を発見し、午後4時頃柿崎交番に届け出た。翌14日に同署が車の周囲を捜索したところ、車の東側約20mの所と西側約30mの所にそれぞれ1人分の骨が見つかった。

車は4月20日に山菜採りに出かけてから行方不明となっていた同市大潟区土底浜の女性(74)と同市柿崎区米山寺の女性(84)が乗っていたとみられるものと一致した。大潟区の女性は8月18日に今回車と遺体が見つかった地点から約500m南西の林道で頭蓋骨の一部が見つかっており、今回は2遺体とも頭蓋骨は見つかっていないという。

記事参照元:上越タウンジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 − 3 =