上越の10代女性を誘拐か 埼玉の作業員逮捕SNSで呼び出す

上越市に住む10代の女性をSNSで呼び出し、自宅アパートに連れ込んだとして埼玉県の30代の土木作業員が5日、未成年者誘拐の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは埼玉県北本市の土木作業員、小西洋平容疑者(36)です。
警察によりますと、小西容疑者は今月3日、上越市に住む10代の女性が未成年であることを知りながら、SNSを通じて呼び出し、埼玉県内の自宅アパートに連れ込んで誘拐したとして、未成年者誘拐の疑いがもたれています。
家族からの捜索願いを受けた警察が捜査したところ、女性と小西容疑者が連絡を取り合っていたことがわかったということで、警察がアパートにいた女性を保護するとともに、アパートの周辺にいた容疑者を逮捕しました。
女性にけがはないということです。
これまでの調べに対し小西容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察が動機などを詳しく調べています。

記事参照元:NHKニュース

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × one =