女子城西が2連覇 4試合を勝ち抜く BSN中学校柔道選手権大会

第48回BSN中学校柔道選手権大会がこのほど新潟市鳥屋野総合体育館で行われ、女子団体戦で上越市立城西が2連覇を果たした。

優勝した女子城西中のメンバー。左から横田、白川、池田の3選手(提供写真)

 女子は3人制で、先鋒・池田優美(1年)、中堅・白川真利奈(2年)、大将・横田葵(2年)のメンバーで挑み、初戦の2回戦と準々決勝は3―0、準決勝は燕に、決勝は中条にそれぞれ2―1で勝利した。

 中堅の白川は「2連覇できて良かった。個人としても中堅で全勝でき、チームの連覇に貢献できて良かった。今後は技術はもちろん、あいさつや当たり前のことも高めて強くなっていきたい。全ての面でどこのチームよりも強くなりたい」と話した。

 男子の昨年覇者、直江津東は準々決勝で敗れ、2連覇はならなかった。

 中学と高校の2大会の結果は次の通り。

 ◇第41回BSN中学校柔道選手権大会(6日、新潟市鳥屋野総合体育館)※上越勢の結果

 【男子】

 ▽団体1回戦 直江津東4―1亀田 城西3―2京ケ瀬

 ▽同2回戦 直江津東5―0長岡東 葛塚3―1城西

 ▽同準々決勝 新発田第一3―1直江津東

 【女子】

 ▽団体2回戦 城西3―0本丸 小針3―0直江津東

 ▽同準々決勝 城西3―0光晴

 ▽同準決勝 城西2―1燕

 ▽同決勝 城西2―1中条

 ◇第46回BSN高校柔道選手権大会(6・7日、同)※上越勢の団体戦と個人戦上位の結果

 【男子】

 ▽団体(5人制)1回戦 上越3―2新発田

 ▽同準々決勝 上越3―2東京学館新潟

 ▽同準決勝 開志国際4―1上越

 ▽同3位決定戦 北越4―1上越

 ▽同決勝 開志国際4―0新潟第一

 ※開志国際の先鋒に稲荷拓真(直江津東中出)が出場

 ▽団体(3人制)1回戦 上越総合技術・高田・中越1―1新発田農・村上桜ケ丘※代表戦による

 ▽同準決勝 加茂農林2―1上越総合技術・高田・中越

 ▽60キロ級 (2)髙尾龍成(上越)

 ▽66キロ級 (5)横田大誠(上越)

 ▽100キロ級 (2)稲荷拓真(開志国際、直江津東中出)

 【女子】

 ▽48キロ級 (2)渡辺渚月(上越)

記事参照元:タイムスLite

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 2 =