資源物回収ステーションで転倒骨折 上越市が損害賠償177万円支払いへ

新潟県上越市は資源物常時回収ステーションで転倒し骨折した市内男性に対して損害賠償金として約177万円を支払い和解する。関連議案を開会中の市議会6月定例会に提案している。

市によると、男性は昨年1月21日、大手町の資源物常時回収ステーションでダンボールを捨てる際に、床面が雪による水分で滑りやすい状態にあったことから、転倒して左足のすねを骨折した。昨年11月まで2回の手術を受け入退院を繰り返した。

上越市大手町の資源物常時回収ステーション

市は事故後、このステーションの床面に滑り止め加工したほか、市内すべてのステーションに転倒注意の張り紙をした。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven − two =