エネルギー価格高騰で上越市が企業や個人事業主に最大30万円の支援金

新潟県上越市はエネルギー価格や物価高騰対策として、中小企業や個人事業主、農林水産事業者などに対し最大30万円の「上越市エネルギー価格等高騰支援金」を給付する。申請書類は同市のホームページからダウンロードでき、2022年11月24日から郵送による申請を受け付けている。

給付の対象は継続して事業や営業を行っている市内の中小企業や個人事業主、農林水産事業者などで、支援金給付後も事業継続する意思がある者。

給付額は、2021年度に支払った光熱水費や燃料費、原材料費の支払い実績に応じて決まる。2021年度の確定申告書か、最後の月が2022年9月以前になっている直近事業年度の決算書に記載されている光熱水費や燃料費、原材料費の合計額の15%。ただし2021年度の売り上げによって上限があり、1000万未満は5万円、1000万円以上5000万円未満は10万円、5000万円以上1億円未満は20万円、1億円以上は30万円。

申請期限は2023年2月28日消印有効。上越市産業政策課によると、申請書類に不備がなければ申請受け付けからおおむね2週間程度で支給される。

申請書のダウンロードができない場合は、市の物価高騰支援金コールセンターに電話で連絡すると、申請書が郵送される。コールセンターは025-522-6233。開設時間は平日の午前9時から午後5時まで。

記事参照元:上越妙高タウン情報

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =