美術館で赤ちゃんと一緒に芸術鑑賞 スペシャル☆よちよちタイム

赤ちゃんと保護者が一緒に絵を鑑賞したり描いたりするイベントが24日(水)に高田城址公園にある小林古径記念美術館で開かれました。

Still0524_00001

イベントには、生後5か月から2歳3か月までの乳幼児と母親など6組が参加しました。24日は、はじめに上越市立高田図書館の司書2人が絵本の読み聞かせをしました。

Still0524_00003

「きんぎょがにげた。きんぎょは、どこ?」 参加者…きんぎょ、いた!

このあと参加者は、記念館が所蔵する日本画や彫刻を鑑賞しました。

Still0524_00005

これは、上越市五智出身の彫刻家、岡本銕二の作品「座る女」です。膝をかかえ、うずくまる姿をみた女の子は「ひとりぼっち」と、つぶやいていました。

Still0524_00011

お絵描きタイムでは、子どもが口に入れても安全な絵の具を使って和紙に絵を描きました。和紙は縦が1メートル、幅が3メートルあり、子どもたちは、のびのびと筆を滑らせていました。

Still0524_00012

参加者
「こういう機会がないと家でなかなか汚れることはできない。(子供が)とても楽しそうでうれしい」

Still0524_00014

参加者
「このイベントに来たかった。外に連れ出せるくらい大きくなった。年上の友達が絵を描いているのを興味深く見ていた。良い経験になった」

Still0524_00004

小さなお子さんでも、ちゃんと美術鑑賞ができることに感心しました。

子育て中というのは、なかなか美術館をゆっくり回る機会を持ちにくいと思うのですが、小林古径記念美術館では、毎週火曜日の午前10時から親子でアートに親しむ「よちよちタイム」を設けています。詳しくは、美術館までどうぞ。

記事参照元:上越妙高タウン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × three =