ネパール出身のコックが作るスパイス満載のカレー 上越市栄町2に「スレス」がオープン

インド・ネパール料理を提供する店「インド・ネパールダイニング スレス」が2023年8月、新潟県上越市栄町2にオープンした。スパイスの効いたカレーとタンドール窯で焼き上げたふっくら熱々のナン、ラッシーなどのドリンクがセットになったランチプレートをはじめ、約30種の多彩なカレーや肉料理といった一品料理など、ネパール出身のコックたちが腕を振るう料理を味わえる。

ネパール出身のコックが腕を振るう料理

ランチメニューはナンとライスがおかわり自由

人気のランチメニューは10種を超えるプレートセットを用意。人気の「Bセット」(1150円)はサダナン(プレーンナン)とライス、カレー1種、サラダのほか、スパイスの香りが食欲をそそる「チキンティッカ」、串に肉を付けて焼く「シークカバブ」などがセットになる。ドリンク付きで、ラッシーやチャイ、コーヒーなどから1杯を選ぶ。

ランチタイムで注文可能なBセット。サダナン、ライスはおかわり自由

 

「レディースセット」(1150円)はナン、カレー、ドリンクをそれぞれ1種類ずつ選びぶほか、鶏肉を使ったインドの郷土料理「マライティッカ」、サラダ、デザートなどがセットになる。ドリンクはラッシーにマンゴーソースが入った「マンゴーラッシー」が人気。ランチタイムはサダナン、ライスがおかわり自由なのもうれしい。

レディースセット。写真のナンは人気のチーズ
ラッシーにマンゴーソースを入れたマンゴーラッシーは爽やかな味わい

カレーの辛さは6段階から選んで

カレーの辛さは全種類、甘口から超激辛まで6段階から選べる。同店によるとマイルドな味わいの「普通」から「中辛」が日本人に多く選ばれるというが、スパイスたっぷりの本場の味を楽しみたい人には「超激辛」がおすすめ。タンドール窯で焼き上げるナンは幅広い世代から人気。サダナンのほか、たっぷりのチーズや香ばしいクルミ、ガーリックなど、それぞれが入った多彩なナンは自慢の一品だ。

ふっくらアツアツのナンはタンドリー窯を使って高温で一気に焼き上げる

フードとドリンクの「食べ飲み放題」もおすすめ

ディナーは家族やグループで気軽に利用できるコースセットもある。宴会利用も受け付けている。カレーやタンドリーチキン、ナンなどのフードが食べ放題、生ビール、インドウイスキーなどのアルコール、ラッシーなどのソフトドリンクが飲み放題となる「食べ飲み放題」は男性4000円、女性3500円。2時間制で、食後はデザートもつく。利用は2人〜。8人以上の利用で1人分の料金が無料になるうれしいサービスも。

同店は「ネパールのコックが作るおいしい料理をぜひ食べに来て」と利用を呼び掛けている。

「ぜひ食べに来て」とスタッフ

営業時間は午前11時〜午後2時30分LO、同5時〜同9時30分LO。定休日なし。テイクアウトも可能。現在、フロア担当の日本人スタッフも募集している。電話番号は025‐530‐7907

店舗は国道8号栄町交差点近く

記事参照元:上越タウンジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − twelve =