インターハイ出場!新体操 関根学園 青木もも花さん

今月21日に新潟市で開かれる高校総体 インターハイの新体操大会に、関根学園高校3年 青木もも花さんが出場します。青木さんに本番への意気込みを聞きました。

Still0810_00013

関根学園高校3年生、体操部の青木もも花さんです。

Still0810_00017

青木さんは、6月の県大会で、フープとリボンの2種目の合計点で競う個人総合に出場し、準優勝したことで、開催地枠でのインターハイ出場を決めました。Still0810_00012

上越市のスポーツクラブ、「TUNE  R.G」に所属しながら、小学2年から新体操に取り組んできました。小柄ながら、フープやリボンなどの手具さばきがうまく、リズムにのった表現力が持ち味です。

青木さん
「手具の操作が得意なので難しい技に挑戦する。体が小さいので大きく演技すること、つなぎの部分をキレイにできるようにしている」

Still0810_00010

関根学園が新体操でインターハイに出場するのは16年ぶりです。青木さんにとっては初めての全国大会。6月の北信越大会では11位と、トップに10ポイント近くの差をつけられたこともあり、現在は最後の調整に余念がありません。

Still0810_00018

青木さん
「(北信越大会では)ほかの選手の演技に差をつけられてしまった。もう少し成長しないとインターハイでは戦えないと学んだ。見てる人を感動させる演技をしたい」

インターハイ新体操大会は新潟市の東総合スポーツセンターで21日から始まります。

記事参照元:上越妙高タウン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two + 12 =