上越市 子育て給付金5万円 今月中に振り込みへ

新型コロナの緊急対策として、国による18歳以下の児童1人に支給される子育て世帯への臨時特別給付金5万円が、上越市では今月中に振り込まれることが分かりました。

これは2日(木)に開かれた上越市議会議会運営委員会で示されました。

それによりますと、支給の対象となるのは平成15年4月2日から来年3月31日までに生まれた児童で、そのうち児童手当の所得制限以内の世帯となります。上越市では児童を養育する世帯のうち、95%にあたるおよそ1万6000世帯に支給されます。

このうち今月中に支給されるのは、今年9月分の児童手当の対象となる中学生以下の児童と、今年9月から10月31日までに生まれた子ども。さらに、この人たちの兄や姉にあたる高校生を含めたあわせて2万637人です。

上越市はこの事業費として国庫支出金14億2535万円を補正予算案に計上、来週7日に予算が成立した後、23日に振り込む予定です。対象者には通知が郵送されます。

今月中に支給されるのは対象の73%、およそ2万人です。ほかの対象者には、年明け1月から順次支給されます。

 

※ご覧の記事は、2021年12月02日 JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30

記事参照元:上越妙高タウン情報

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − twelve =