春日山駅前の公衆トイレで不審火 トイレットペーパー焼ける

dプチャ

春日山駅前の公衆トイレで不審火により、トイレットペーパーの一部が焼ける被害が発生しました。

aキャプチャ

不審火があったのは春日山駅前の公衆トイレの男子便所です。13日(月)の午前6時41分ごろ、トイレを利用した人がトイレットペーパーが燃えて焦げ付いた跡を発見し、上越警察署に通報しました。

dキャプチャ

市によりますと12日(日)の午前6時から午前7時の間に清掃委託業者がトイレ掃除を行った際、異常はみられなかったということです。

警察や消防の調べによりますと、燃えたのはトイレットペーパー2個で、ほかの施設への延焼の被害などは確認されていないということです。

記事参照元:上越妙高タウン情報

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nine − four =