副知事に笠鳥氏(上越市出身) 県議会に人事案提出へ 新潟県

 県は3日、新たな副知事に現・危機管理監兼行財政改革監の笠鳥公一氏(62)を4月1日付で起用する人事案を公表した。任期は4年間。

笠鳥公一氏

 県議会2月定例会最終日の22日、追加議案として提案、議会の同意を求める。副知事2人のうち佐久間豊副知事(64)は、今年7月までの任期途中で勇退する。
笠鳥氏は上越市出身。中央大法学部卒。昭和59年4月、新潟県に入庁し、産業労働観光部観光局観光振興課長、交通政策局空港課長、知事政策局政策監兼政策課長、同局総括政策監、同局長、総務管理部長などを歴任した。

記事参照元:タイムスLite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen − eight =