敬老の日 来月100歳になる上越市の女性を知事や市長が祝う

敬老の日の20日、来月で100歳になる上越市の女性を知事や市長が訪問し、記念品を贈って長寿を祝いました。

お祝いを受けたのは上越市に住む古海トミさん(99)で、来月、100歳を迎えます。
古海さんは、自宅で花角知事と上越市の村山市長を出迎え、100歳を祝う賞状のほか銀杯などの記念品を受け取りました。

古海さんは、99歳のいまも何でも好き嫌いなく食べているということで「昔は必死に働かないと食べていけなかったけれど、いまはいい世の中になったので長生きしたいです」と話していました。
また知事は「まだまだ長生きしてください」とことばをかけていました。

古海さんは、「わざわざお祝いに来てくださってとても光栄です。近所の人と話をするのが楽しみで、コロナで会えない孫にはお菓子を送って喜んでもらっています」と話していました。

県によりますと、県内で今年度中に100歳になる人は1196人で、100歳以上の人は今月15日現在で2205人だということです。

記事参照元:NHK

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − five =