上越市大町5丁目 「ど根性雁木が生まれ変わる

ど根性雁木が生まれ変わります。上越市大町5丁目にある母屋の無い通称「ど根性雁木」が老朽化で建て替えられることになりました。

Still0802_00000

20数年前に母屋が取り壊される際、当時の大町5丁目町内会長が家主に雁木を残して欲しいと要望し以来20数年間住民が管理してきました。

Still0802_00002

住民の会話
「町内会長が町内で面倒をみると言ったから、雪で事故にならないよう雪下ろししていた」

Still0802_00003

雁木は母屋が無いものの、歩く人が雪や雨をしのぐ役に立ってきたことから、住民や観光客に親しまれてきました。

Still0802_00004築100年以上ともいわれ、これまでに柱を補強するなどしてきましたが、最近は老朽化が目立っていました。そこで、市の「まちなか居住推進事業」の補助金を活用して建て替えられることになりました。

Still0802_00007

松倉康雄町内会長
「雁木自体ど根性だけど、近所の協力でど根性でがんばてもらった」

Still0802_00005

雁木は今月2日いっぱいで取り壊され、今月末には新しく生まれ変わる予定です。

記事参照元:上越妙高タウン情報

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + 10 =