大雪 上越地方の国道全面通行止め 小中学校は休校措置

新潟県上越市では大雪の影響で国道8号と18号が2023年1月24日午後から全面通行止めとなり、同市では市立小中学校、市立幼稚園を明日25日に一斉臨時休業とすることを決めた。気象庁は中越と上越で今夜から25日昼前にかけて大雪となる恐れがあるとし、大雪による交通障害や農業施設などへの被害に警戒するように呼び掛けている。24日午後4時現在の積雪は上越市高田で10㎝となっている。

雪が降り積もる上越市高田の様子(1月24日午後3時半頃撮影)

国道8号と18号、高速道路が全面通行止め

国交省高田河川国道事務所は国道8号の柿崎区竹鼻から富山県境の道の駅「越後市振の関」までの90.4km、国道18号の妙高市関川から上越市下源入までの37.9kmを集中除雪のため、同日午後3時から全面通行止めを実施している。また、ネクスコ東日本によると、同日午後3時から北陸自動車道の朝日IC〜西山ICの上下線、上信越自動車道の長野IC〜上越JCTの上下線でも通行止めを実施している。

記事参照元:上越タウンジャーナル

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × two =