上越市の訪問介護事業者が破産申請 負債は4400万円

新潟県上越市藤巻の訪問介護業「株式会社アビライフ」(資本金800万円)は2023年1月19日付で、新潟地裁高田支部に破産を申請し、同日付で破産開始決定を受けた。東京商工リサーチ新潟支店によると、負債は4400万円。

同社は2011年設立で、上越市と柏崎市の2拠点でデイサービスを運営しつつ、社労士などの講義を行うなど多角経営を行っていた。2019年9月期には売上高3600万円を計上していたが、コロナ禍で2021年9月期には2700万円まで落ち込み、資金繰りに窮していた。昨年、代表が急逝したこともあり、事業継続が困難になった。

同支店によると、県内の新型コロナ関連の破たんは73件目。

記事参照元:上越タウンジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

thirteen + nineteen =