北越急行のトキ鉄への乗り入れ18日ダイヤ改正で取りやめ 「超快速スノーラビット」も廃止

2023年3月18日のダイヤ改正で、2015年3月の北陸新幹線開業から実施されてきた北越急行(ほくほく線)のえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインへの乗り入れが取りやめとなる。

トキ鉄妙高はねうまラインに乗り入れしていた北越急行の普通列車

北越急行のトキ鉄妙高はねうまラインへの乗り入れは、トキ鉄が開業した2015年3月から、越後湯沢―直江津間で運行する北越急行の「超快速スノーラビット」が直江津で普通列車となり、直江津―新井間を1往復することで行われていた。

スノーラビットは、北陸新幹線開業で廃止された特急「はくたか」に代わり、時速110kmで走る普通列車として、一時は越後湯沢から直江津方面への下り2本、直江津から越後湯沢方面への上り1本が運行されていた。しかし、2022年3月のダイヤ改正で下り1本のみに減便し、今回のダイヤ改正では廃止となる。北越急行の全ての列車が時速95kmの各駅停車の普通列車に変更されるためだ。

直江津駅に到着した「超快速スノーラビット」

トキ鉄、北越急行によると、乗り入れの取りやめは利用状況に合わせた対応という。

記事参照元:上越タウンジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

17 − three =